<< 閉じ込めなどトラブル多発、自動車の電子キー(読売新聞) | main | 日本病院学会を7月22、23日に開催(医療介護CBニュース) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<東京都教委>「心の病」復帰の教員支援 訓練機関を開設へ(毎日新聞)

 東京都教委は28日、精神疾患で休職した教員のスムーズな職場復帰を支援する訓練機関「リワークプラザ東京」を開設する。心の病で休職した教員のための専門的な訓練機関は全国でも珍しい。これまで希望者のみの参加だった復職への訓練を基本的に必須とし、プラザで組織的に対応する。都教委は「教員に寄り添って、円滑な職場復帰を応援したい」としている。

 都教委によると、08年度の都内の公立学校教員の休職者788人のうち、540人は精神疾患が原因。また、都内の全教員のうち精神疾患で休職している教員の割合は0.94%で、全国平均の0.59%より高かった。職場復帰しても再休職する割合も07年度には22.6%あった。

 休職者が主治医から病気が快方に向かっていると判断されると、臨床心理士と校長OBなどがペアとなった「復職アドバイザー」が、学校と相談しながら個々に応じたプログラムを作成。アドバイザーが支援しながら原則3カ月間、学校で訓練する。第1段階は週3日、半日程度ずつ出勤。第2段階では週3〜5日、他の教員の授業参観や清掃指導などを通じて児童生徒と接する。最終段階は、管理職の前で授業をする。訓練終了後、都教委や精神科医、アドバイザーの合議で復帰の可否を判断する。【田村彰子】

【関連ニュース】
公立校教員:精神疾患で休職5400人 過去最悪、16年連続の増加
問題行動調査:キレる子ら、戸惑う学校 暴力6万件、警察通報も積極的に
ひきこもり:相談者の8割に精神疾患 厚労省まとめ
患者塾:医療の疑問にやさしく答える 園医・校医の現場から
再任用教員と組み、新人育てる新研修 東京都教委の試み

警部補ら2人懲戒免職=暴力団周辺から借金、腕時計―奈良県警(時事通信)
環境面に徹底配慮=普天間代替施設―鳩山首相(時事通信)
種牛の離島疎開始まる=口蹄疫リスクを回避―鹿児島(時事通信)
普天間問題 首相「平和のためにも5月末決着」(産経新聞)
羽生名人、4連勝でタイトル防衛(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 15:35
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
情報起業
カードでお金
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
副業
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM