スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「草刈り担当ヤギ」が出産=那覇市〔地域〕(時事通信)

 那覇市が埋蔵文化財センター建設用地などで「草刈り担当」として放牧しているヤギ8頭のうち2頭が3月26、27日に相次いで出産し、雌2頭が生まれた。2頭はまだ命名されておらず、同市管財課は市民から2頭の名前を募る。
 市は2007年にヤギの放牧を開始。同センターの建設が始まるまでの間、その建設用地など約6500平方メートル分の草刈り予算(年間400万円)を浮かすことが目的。ヤギは1頭当たり、1日2キロの草を食べるほか、水やりなどの世話を必要としないため、「手間がかかずに草刈りを任せられる」(同課担当者)という。
 同課によると、自治体がヤギを使って草刈りを行うのは県内初で、全国的にも珍しい取り組み。他市町村からも注目されており、3月29日には神奈川県厚木市の市議団が視察に訪れたという。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕「もったいない野菜」をPR=熊本県大阪事務所
〔地域の情報〕ホタピーこけしが完成=福島県桑折町
〔地域の情報〕「せんとくんカプチーノ」登場=奈良
〔地域の情報〕「最後まで雪を楽しんで」=佐賀
〔地域の情報〕カキ入りの「広島焼きそば」が完成

佳子さま 高等科の入学式に出席(毎日新聞)
<島根原発>1号機の手動停止作業始める 点検漏れで(毎日新聞)
レイテ沖海戦“謎のUターン” 栗田中将の名誉回復を 最後の兵学校生徒が著書(産経新聞)
トキ 襲撃事故で検証委発足 「天敵対策甘すぎ」初会合で(毎日新聞)
新党、月内結成へ=与謝野、園田氏−平沼氏との連携も(時事通信)

新芽いっぱい 鶴岡八幡宮の倒れた大銀杏(産経新聞)

 強風の影響で先月10日に倒れた鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)の県指定天然記念物「大銀杏(おおいちょう)」の根元から、小さな新芽が顔を出した。八幡宮が1日、発表した。

 八幡宮によると、長さ1センチ弱の緑色をした若い芽が多数出ているのが確認できた。正確な数は数えていないが、20以上は芽生えており、本殿に続く大石段からも見えるという。

 八幡宮は大銀杏の再生を願い、倒れた幹部分を根付かせるため先月14日に移植した。その一方、地面に残った根元から若い芽が出ることも期待していた。

 大銀杏の樹齢は推定千年。境内の記帳所では倒木から1週間後の先月17日から1日までに、再生を祈る人々約2万5千人が記帳したという。

【関連記事】
大銀杏倒れた鶴岡八幡宮、封鎖の石段8日ぶり開放
倒れた大銀杏、植え直し完了 鶴岡八幡宮
鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏「再生の可能性は90%」
【産経抄】3月13日
クローン技術利用も!? 倒壊の鶴岡八幡宮大銀杏の「再生」検討
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

送迎バス事故 30秒間、蛇行運転 500メートル手前で体調急変か(産経新聞)
足利事件の再審 菅家さんに無罪判決(産経新聞)
“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開(産経新聞)
<スーツケース遺体>出頭の男逮捕、女性遺棄容疑で 金沢(毎日新聞)
<訃報>村上孝一さん84歳=元八戸工大学長(毎日新聞)

郵政改革法案の最終案、首相「まだ調整必要」(読売新聞)

 鳩山首相は25日夕、亀井郵政改革相と原口総務相が発表した郵政改革法案の最終案について、「まだ議論すべきところが残っている。強力な案であることは間違いないが、閣議の場などで調整していくことが必要だ」と述べ、最終案の骨格であるゆうちょ銀行への預入限度額引き上げの是非などについて、閣内で議論をやり直す考えを表明した。

 26日の閣議で亀井氏らに指示する意向だが、担当閣僚が発表した政府の重要政策について、首相が仕切り直しを指示するのは異例の事態だ。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は、亀井氏から23日に最終案の報告を電話で受けたことを明らかにしたうえで、「閣内で議論する前にあたかもすべて決まったかのように発言された。調整前に発表したことはまずかった」と述べ、亀井氏らの対応に問題があったと指摘した。亀井氏が首相の了解を得て発表したと説明していることについても、「実際には了解ではない」と否定した。

 首相はこれに先立ち、首相官邸で仙谷国家戦略相、菅財務相らと対応を協議し、平野官房長官に関係閣僚間の調整を指示した。

 これに対し、亀井氏は25日夜、金融庁内で記者団に「首相が了解していないなんておっしゃるはずがない。了解されたから発表した。(首相は)全部OKと言ったんだ」と反論した。亀井氏は関係閣僚による議論についても、「私と原口さんの二人が関係閣僚だ。いろんな意見を聞いたうえで二人で相談して決めたことだ」と、否定的な考えを示した。

 政府は郵政改革法案について、4月中旬の閣議決定を目指しており、亀井、原口両氏が24日の記者会見で最終案の内容を発表した。

 しかし、ゆうちょ銀行への預入限度額を現行の1人当たり1000万円から2000万円に引き上げるなど骨格部分に、仙谷国家戦略相らが異論を唱えている。また、日本郵政グループ内の取引にかかる消費税の減免措置についても、閣内の見解が分かれている。

地域貢献加算、留守電による対応も可―厚労省が解釈(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>警告カードを水増し 「上司にほめられたかった」(毎日新聞)
沖縄駐留の重要性指摘、米国防長官が岡田外相に(読売新聞)
首都圏JR 架線トラブル 「急に電気消えた」「ドン、と音がした」(産経新聞)
「当日」に近いほど格安 ギリギリ予約で得するレジャー(産経新聞)

池谷氏当選なら3度目結婚も(スポーツ報知)

 今夏の参院選に民主党から比例代表で立候補する体操五輪メダリストの池谷幸雄氏(39)が21日、“3度目の結婚”願望を明かした。

 池谷氏は、1995年に元タレントの樹あさこ(38)と結婚し1女をもうけたが、98年に離婚。2000年に再婚も、4年後に離婚した。タレント活動時は時間が不規則なため「独り身の方が気が楽だった」そうだが、「政治となると奥さんも必要になる。今年で40歳だし、身を固めてもいいのかな」とポツリ。具体的な相手は明かさなかったが、当選→再婚に意欲を燃やした。

 この日は都内で、自身の体操クラブの大会に出席。同日、参院選秋田選挙区で出馬の元プロ野球選手石井浩郎氏(45)が街頭演説デビューしたが、「ほかの候補者は気になるけど、僕しかできないやり方がある。選挙カーから宙返りで降りるとか。4月初めには演説も始めたい」と意気込んだ。


 【関連記事】
民主党 比例代表 池谷幸雄 を調べる

事業者にアイデア募集 公園跡地で橋下知事(産経新聞)
社民党、比例代表に原元新社会党副委員長を擁立(産経新聞)
「執行部は国民に謝罪を」 解任撤回で民主・生方氏(産経新聞)
<雑記帳>発車ベルが球団歌に 楽天のホーム球場最寄り駅(毎日新聞)
「分析・新薬価制度」(上)―中村和男氏(シミック会長兼社長)(医療介護CBニュース)

新規2型糖尿病治療薬に併用効能を追加申請―武田薬品(医療介護CBニュース)

 武田薬品工業は3月25日、今年4月にも厚生労働省から単剤療法とα-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)との併用療法で正式承認される見通しの2型糖尿病治療薬ネシーナ(一般名=アログリプチン)について、スルホニルウレア系薬剤(SU剤)またはビグアナイド系薬剤(BG剤)との併用効能に関する追加申請を厚労省に行ったと発表した。

 ネシーナは、武田薬品の米国子会社が創製した1日1回投与のDPP-4阻害薬。体内の血糖値を下げるインスリンの分泌を高めるホルモンのインクレチンが、DPP-4という酵素によって分解されるのを防ぐことで、インクレチンの血中濃度を維持し、血糖値を下げる。

 武田薬品の2型糖尿病治療薬には、チアゾリジン系薬剤のアクトス、α-GIのベイスン、速効型インスリン分泌促進薬のグルファストがある。武田薬品は昨年6月にも、チアゾリジン系薬剤との併用療法の効能追加申請と、ネシーナとアクトスとの合剤の製造販売承認申請を行っている。

 現在、国内のDPP-4阻害薬には、昨年末に発売された万有製薬/小野薬品工業のジャヌビア/グラクティブ(1日1回投与)と、今年1月に承認を取得したノバルティスファーマのエクア(1日2回投与)がある。
 ジャヌビア/グラクティブは、単剤での使用のほか、SU剤、メトホルミン、チアゾリジン系薬剤それぞれとの併用で使用が認められており、α-GI、インスリンとの併用については現在、適応拡大で臨床試験を進めている。
 エクアは、単剤とSU剤との併用療法で承認を取得。欧州など海外ではSU剤、BG剤、チアゾリジン系薬剤との併用療法についても承認を取得しているが、国内で適応拡大するかどうかは検討中。

 経口の2型糖尿病治療薬には、インスリンの効きを良くする薬剤として、▽肝臓での糖新生を抑制するBG剤▽骨格筋・肝臓でのインスリン感受性を改善するチアゾリジン系薬剤―があるほか、インスリン分泌を促進するSU剤や、インスリン分泌を促進し、食後高血糖を改善する速効型インスリン分泌促進薬、炭水化物の吸収を遅延させ食後高血糖を改善するα-GIがある。


【関連記事】
武田薬品の不眠症治療薬など5品目を承認へ
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満
糖尿病治療の血糖コントロール指標「HbA1c値が最も重要」
糖尿病治療薬市場に本格参入へ―中外製薬

<雑記帳>「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)
<公務執行妨害罪>不当取り調べで成立せず 神戸地裁(毎日新聞)
郵政改革 亀井氏「もう決めたこと」と反論(産経新聞)
架線トラブル、全線で運転再開 閉じ込められた乗客は計4700人(産経新聞)
漫画などの性表現規制条例、都が継続審議へ(読売新聞)

<中日本ボクシング協会>流用の元幹部を告訴へ 民事提訴も(毎日新聞)

 中日本ボクシング協会(畑中清詞会長)前事務局長の協会運営費私的流用問題で、協会は22日、名古屋市内で総会を開き、4月中にも前事務局長を刑事告訴と民事提訴する方針を決めた。

 総会には東海、北陸地方の33のプロボクシングジムから25人の会長が出席。真相究明へ刑事告訴を求める声と、流用金回収を優先させるべきだとする意見が出され、双方を同時に進めることになった。担当弁護士は記者団に「早急に(司法の)公的機関に申し立てる」と話した。

 畑中会長によると、前事務局長から今月、私的流用したとされる運営費3800万円のうち30万円が協会の口座に入金されたという。会長は「お金が戻ることが最優先だが、真相究明を求める声もあり(刑事告訴を含め)弁護士に一任した」と話した。【鈴木英世】

“泥棒目線”の防犯対策が重要 ベテラン刑事に聞く空き巣対策 (産経新聞)
<誤認逮捕>器物損壊容疑で別の男性を 鳥取県警が陳謝(毎日新聞)
自民・谷垣総裁「極めて独裁的」…民主解任方針(読売新聞)
出会い系サイトで客募集、わいせつDVD販売 所持容疑で建設作業員を逮捕(産経新聞)
<合志市長選>荒木義行氏が初当選 現職を破る(毎日新聞)

北、学校ぐるみで思想教育 生徒は「朝青」強制加入 保護者の寄付が活動費(産経新聞)

 朝鮮高級学校の生徒が、朝鮮総連の傘下で、北朝鮮の金正日総書記や社会主義革命を信奉する「在日本朝鮮青年同盟(朝青)」に自動的に加入させられ、保護者らは賛助金などを徴収されていることが12日、分かった。複数の政府関係筋が明らかにした。朝鮮総連の指示を受けた各校の政治担当教師が、同盟員となった生徒を指導しており、学校ぐるみで北朝鮮本国に準ずる政治・思想教育を徹底する実態が改めて浮き彫りになった。

 政府関係筋によると、朝青は総連の「先鋒(せんぽう)」と位置付けられ、朝鮮大学校(東京都小平市)の学生や、全国に10校(約2千人)ある朝鮮高級学校の生徒らで構成される。

 特に高級学校の生徒は全員が「同盟員」として名簿に記載。同盟員の中からエリートを選抜して「熱誠班」を組織し、北朝鮮の公式政治思想である「主体思想」や金総書記の業績を本格的に研究しているという。

 また、高級学校では、保護者から学費のほかに「賛助金」「協賛金」として定期的に寄付を募り、朝青の活動費を捻出(ねんしゅつ)していた。朝青の活動費に寄付が流用されていることは公になっておらず、「使途を疑問に思った父母らが不満を持つケースもある」(政府関係筋)という。

 朝鮮総連の許宗萬責任副議長は平成12年12月、朝鮮大学校で講演した際、高級学校の朝青活動について「(東京都北区にある)東京朝鮮中高級学校の朝青の活動は教員が後方で支えている。生徒自身が朝青の主人となってすべてのことを推進している」と評価した。

 朝鮮大学校に対しても「大学でもしっかりと(朝青を)育て、教養事業を展開しなければならない」と述べ、朝青活動を重視する姿勢を打ち出していた。

【関連記事】
「朝鮮総連と一線を画してほしい」 朝鮮学校視察の橋下知事
「嘘つき」与党に抗議 朝鮮学校めぐり国会紛糾 
朝鮮学校無償化、総連が各校に“獲得”を指示 金総書記の意向受け
「敬愛する金総書記」107回、日米に敵対…朝鮮学校「現代朝鮮史」
首相フラフラ 朝鮮学校の高校無償化「除外」一転「対象」に
20年後、日本はありますか?

札幌老人施設火災 大阪などで特別査察 波紋全国に広がる(産経新聞)
皇太子さま帰国=ガーナなど公式訪問終え(時事通信)
「朝鮮総連と一線を画してほしい」 朝鮮学校視察の橋下知事(産経新聞)
サリドマイド奇形 メカニズムを解明 東工大など(産経新聞)
<地震>福島県浜通りで震度5弱=午後5時8分(毎日新聞)

トキ「観察用ケージ」白紙、安全性再検討へ(読売新聞)

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで、トキがテンに襲われて死んだ問題を受け、佐渡市は、観光の目玉として保護センターに隣接する公園内に計画していた「トキ観察用大型ケージ」の建設を白紙に戻す方針を固めた。

 間近にトキを観察できる施設として、2011年春にオープン予定だったが、外敵に襲われるという不測の事態を受け、安全性を再検討する。

 市の計画によると、ケージは12角形で幅約40メートル、広さは約1200平方メートル。中央に高さ15メートルの金属製支柱を立ててテント状にネットを張り、外周部の一部にガラス張りの観察場所を設置。内部には、止まり木や池などを設ける予定だった。

 市は、新年度当初予算案に建設費など2億3200万円を計上。繁殖や放鳥の対象から外れたトキ約10羽を環境省から無償で借りる手はずになっていた。

 飼育されているトキの観察は、現在も保護センターに隣接する公園で可能だが、ケージとの距離が約20メートルもある上、網目も細かく、自由に飛ぶ様子を見ることはできない。市では、美しい羽色を見せて飛ぶトキを間近で観察できる大型ケージの新設で、観光客増を期待していた。

 高野宏一郎市長は「がっかりしているが、今回の事故が起こってしまっては仕方がない」としている。

<雑記帳>地元産の材料使った白いカレー開発 石川・白山(毎日新聞)
<開国博>旅行会社が主催者提訴 過払い入場料の返還求める(毎日新聞)
「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言(産経新聞)
<久慈市長選>山内隆文氏が再選 岩手(毎日新聞)
多汗症手術後に異常発汗=「説明不足」と提訴−東京地裁(時事通信)

大阪市雇用対策事業 受託会社が日誌改竄か(産経新聞)

 大阪市の失業者雇用対策事業で、夜間の自転車盗監視業務を受託している警備会社(大阪府泉南市)が、業務日誌に実態と異なる記載をしていたことが11日、分かった。欠勤者が出た場合にも当初決めたシフト通りに記載していたという。市は意図的な改竄(かいざん)がなかったか調査を進め、来年度の契約見直しも検討している。

 国の緊急雇用創出基金を活用した事業で、昨年9月に指名競争入札を実施し、この会社が約8600万円で落札。ホームレスを含む失業者ら110人を警戒員として今年3月まで半年間雇用し、2人一組で市内の駐輪場巡回業務にあたらせる契約だった。

 しかし欠勤者が出た際に代わりの社員が出勤したり、1人で巡回させたりしていたのに、日誌では当初のシフト通りに記載していたケースが少なくとも19日分確認されたという。

【関連記事】
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件
ネットカフェで学生自殺 梅田、硫化水素検出で一時避難
女子中学生が行方不明 大阪・和泉、3日夜から
高級車なら車内に現金…また「異音盗」
コンビニ強盗7万6000円奪う 大阪・東淀川

セクハラ准教授を解雇=女子学生の体触る−東大(時事通信)
山崎さん「11年の訓練、集大成」 打ち上げ前に会見(産経新聞)
<Dr.コトー>鹿児島の瀬戸上医師、定年再延長し“続投”(毎日新聞)
阿久根市長は議会に出席を…市民団体要請(読売新聞)
東京モノレールの遺体、身元は都内の無職男性(産経新聞)

中2男子が自殺=学校が原因調査−鹿児島(時事通信)

 鹿児島県南九州市で、市立中学2年の男子生徒(14)が自宅で自殺していたことが5日、分かった。男子生徒が通った中学校によると、遺書は見つかっていない。同校は原因に思い当たることがないか、全校生徒を対象に無記名のアンケートをして調査している。
 死亡した男子生徒は4日午後7時すぎ、南九州市の自宅倉庫で首をつり、ぐったりした姿を母親に発見された。母親が119番し、救急車で病院に運ばれたが、死亡が確認された。
 県警南九州署によると、同日夜に検視した結果、自殺と判断した。 

【関連ニュース】
両親が元同級生らに賠償請求=中2女子「いじめで自殺」
「何かあったはず」「調査を」=学校側に真相解明訴え
中2女子が飛び降り自殺=いじめ示す遺書
寺院境内で男性遺体、自殺?=相撲部屋マネジャーか
男性被告が首つり自殺=山口刑務所

<コンクリート橋脚>プラスチック繊維で強度増…砂利の代替(毎日新聞)
政調復活目指し41人結集=安住、生方氏ら民主有志(時事通信)
<素顔の巨匠>手塚治虫、赤塚不二夫さんの長女 親交深い2人が対談 父の秘話語る(毎日新聞)
パラリンピック 難聴障害者が鈴木選手を現地撮影へ(毎日新聞)
<歌舞伎>中村壱太郎ら親子3代で会見…京都南座(毎日新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
情報起業
カードでお金
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化
副業
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM